プロミス 審査 プロミスの審査

プロミスの審査について

プロミスで借り入をしたい場合は、ネットなら、プロミスのサイトの申し込みフォームに必要事項を入力して、送信してください。自動審査が可能な時間帯に申し込みをすれば直ぐに仮審査の結果がわかります。仮審査は入力内容をポイント化してコンピューターで処理します。ポイントが高くなるのは、安定した職業についている方で、勤続年数が長く、正社員として働いている方です。もちろん、パートやアルバイトで働く方も申し込みができますが、勤続年数が長いほうが有利になります。また、住居は持ち家で居住年数が長く、住宅ローンもなければポイントが高くなります。賃貸なら居住年数が長い方の方が有利です。独身の方は、一人暮らしよりも親と同居している方の方がポイントが高くなります。電話は、携帯電話だけでなく、固定電話もあると審査には有利です。

 

また、プロミスは、消費者金融ですので、総量規制の対象です。そのため、既に借入残高が年収の3分の1に達していると新たな借り入れはできません。フリーキャッシングは申し込んでも審査に通りませんので注意してください。ただ、プロミスの「貸金業法に基づくおまとめローン」なら、総量規制の対象外なので、年収の3分の1の借り入れがあっても審査に通る可能性はあります。

 

それからプロミスのフリーキャッシングは、本人に安定した収入のある方という条件なので、専業主婦の方は申し込み・審査が受けられません。また、延滞や債務整理の記録が信用情報機関に残っていると審査に通るのは難しくなります。他社からの借入件数が多い場合も審査には不利になります。

 

申し込みフォームに入力して送信すると、正式な契約可能額の連絡が30分ほどであります。それから、本人確認書類を送付しますが、本人確認書類は本人の名前と現住所がわかるものになります。現住所が書類上の住所と違うと審査に通らないので注意してください。もし、現住所と違うなら、6ヶ月以内の公共料金の領収書または請求書も必要になりますので準備してください。



このページの先頭へ戻る